カテゴリー: 健康

スキンケアで子供の乾燥肌対策

大人と比べて、子供は肌の保湿力が高めですが、それでも乾燥肌が原因で、アトピーのような肌荒れが出ることがあります。子供の肌がアレルギーを起こしたように荒れる要因の一つに、肌の乾燥によりバリア機能が下がることがあります。肌の保湿能力が失われないように、子供の乾燥肌に気づいたら、早い段階での対策が重要になります。子供の乾燥肌が気になってきたら、バスタイムを利用して肌のお手入れをしましょう。スキンケアで乾燥肌の状態があまり改善されないようであれば、皮膚科を受診して、処方される薬を塗ることも効果的です。子供も含めた家族のお肌を保湿することができることから、お風呂に湯を張った時にバスオイルを入れているという人もいます。保湿にいい成分が含まれている入浴剤を使うことで、お風呂につかるだけで肌の保湿を行うことも可能です。子供の肌は大人の肌よりも皮膚が薄く、バリア機能もそれほど強くないので、スキンケアでは不十分なこともあります。乾燥肌の症状が改善しない理由の一つに、衣服が皮膚にとってよくない影響を及ぼしていることがあります。もしも衣類が乾燥肌の原因になっている場合は、服の素材や、締め付ける場所を見直すことで効果が得られます。子供の乾燥肌を防ぐためには、毎日のスキンケア以外にも、規則正しい生活習慣や食事なども大切になります。精神的なストレスや、偏った食事、不規則な生活は肌によくない影響を及ぼしますので、乾燥肌を改善するには避けたほうがいいでしょう。